森川緑ニュース・リターンズ Rotating Header Image

4月 18th, 2017:

地域おこし協力隊、庄野周平さんへのインタビュー‼︎ 〈第 3回〉

中津江の旧丸蔵小学校が宿泊施設に改修され、短期間住んでみたい方に利用していただいています。庄野さんもこの丸蔵宿泊体験館にお住まいなので感想をお聞きしました。
🔹丸蔵体験館に住んで🔹

地域おこし協力隊として昨年7月から住み始めたのですが、元小学校という事もあって住居用ではないことを実感しました。雨の日には階段が水びだしですし、梅野川がすぐそばに流れている影響で夕暮れになると干していた洗濯物がすぐ湿気てしまうほど、水分が常に多い所だと感じました。また、夏だったので網戸にして寝ていたら翌朝に風を引いてしまうぐらい涼しい所でもあります。逆に、冬は寒いです。まさに宿泊体験交流館という名のとおり、ずっと住むには難しそうな建物だと思いました。ただ、学校に住むということは考えてみれば初めてのことなので、良い体験になっております。

第4回もお楽しみに〜^_^

嬉しかったこと。

初めての5時間授業を終え、土砂降りの中帰ってきた長女を家の近くまで迎えに行ったら『今日、雑巾使ったよ。算数の時間に手を挙げて黒板に答えを書いたよ』と嬉しそうに話してくれた。
ピカピカの1年生にしてみたら、初めての5時間授業も雨の中の初めての登下校もステキな小学校生活の1ページなんだなと頼もしくさえ感じた月曜日だった。
いいときばかりではないだろうし、かと言って悪いときばかりでもないだろうけど、母も長女の1日1日を大切にしよう。
もちろん、坊と末っ子娘の毎日も^_^

夜、長女と坊が今日の給食美味しかったね、と2人で話してるのを聞いてなんか嬉しかったなぁ。