森川緑ニュース・リターンズ Rotating Header Image

8月, 2016:

雪だるま。

image1_41.JPG

私が小さい頃、いつも寝るときに母が絵本を読んでくれていたので、私も子どもたちにはそうしたいと思って、坊たちが選んだ本を読むことにしている。
今日は坊と長女が2人とも雪だるまが出てくる本を選んでいたので記念撮影(^-^)
たまたまだったらしいけど、早く雪が降ってほしいのかな。iPhoneから送信

あさがお。

image1_40.JPG

いつかの種が飛んでベランダの外にたくさん咲いてました(^_^*)
こないだまでの暑さが嘘のように涼しい朝です。iPhoneから送信

間地橋から〜(^-^)

image1_39.JPG

iPhoneから送信

正直さんのおうちがある原からの景色〜

image1_38.JPG image2_10.JPG

iPhoneから送信

正直さんから…

image1_37.JPG

久しぶりに、子供達と遊びました。けっこう楽しかったですよ。自分も子供に返ったようでした。子どもたちによろしく。

iPhoneから送信

中津江村 鯛生金山❣️

image1_36.JPG

入坑料は9月30日まで無料です。
土曜は片側通行が可能になり、お天気も良くて、お客さんが大勢いらしていました(^-^)

iPhoneから送信

image1_35.JPG

正直さんから子どもたちがいただいたお土産。
こんだ会に呼んでいただいて楽しい時間を過ごして、子どもたちとたくさん遊んでいただいて、美味しい焼きそばを作っていただいて…
お腹も心もいっぱいに。
大学を卒業して、中津江でお世話になることになって4月1日に出勤した夜。村おこしなんて考えたこともなかった私がここに来てよかったのかと泣いたあの日から15年。怒られても(怒られても!?)泣かされても(泣かされても!?)それでも3年間中津江にいられたのは、たくさんの温かい笑顔に支えられていたからだと思います。
それからもずっと中津江とつながっていられたのも、そんなたくさんの笑顔のおかげだと思います。iPhoneから送信

おはようございます

image1_34.JPG

あんまり涼しくて外に散歩へ。
こんなに早起きして散歩に行くとか生まれて初めてかも…ぐらい1人で朝に散歩なんて珍しいこと。
中津江にいる間にもっとこんな時間を過ごしたらよかったけど、そのときはこんな時間が贅沢だって知らなかったもんな〜iPhoneから送信

image1_33.JPG

まだまだ積もる話は続きますが…
こんだハウスは道路から山道に入って行ってだいぶくだったところにあるんです。ものすごい山道でびっくりしました(^_^;)
帰るときは、その山道から道路に出たところで、みんなの車が道路まであがってくるのを待ってみんな揃ったらそれぞれ帰るんですよ。
みんながそんな気持ちだから、30年も毎月かかさず続いてきたのかな〜ってそう思いました。
iPhoneから送信

「こんだ会」

image1_32.JPG

今日はこんだハウスにお邪魔して、正直さんのおうちに泊まらせていただいています。
こんだハウスでは、正直さんご夫婦、川津さんご夫婦、高木さんご夫婦にお世話になり、楽しい思い出話をたくさん聞かせていただきました。
もう30年以上も続いている、月一回の「こんだ会」の「こんだ」というのは、各家をまわって飲んでいるときに、「こんだどこにするかい?」と相談していたときの「こんだ」だそうです。
みなさんが20代の頃にソフトボールが盛んで、当時はナイターの施設がなかったので栃原グラウンドで平日に早朝ソフトボール大会をされていたそうです。中学校などにナイターの施設ができ、それから夜の練習のあとに飲むようになり最初は、正直さん、高木さん、古澤さん、長谷部さんの独身4人組だったそうですが、増えたり減ったり結婚されたりして、現在では5組のご夫婦でこんだ会が続いています。
毎月各家を順番に回っていましたが、みなさんお子さん連れで集まるので、平成3年に誰かに気を使ったりしなくていい自分たちの集まる場所をつくろうということで「こんだハウス」ができあがりました。
そのことが書かれてある新聞も大事に綴じられていました(^-^)iPhoneから送信