森川緑ニュース・リターンズ Rotating Header Image

10月, 2012:

第一号〜

今朝、右手の小指にあかぎれ第一号発見(;_;)
寒くなってきて、手がかさかさしてきたなと思ったら10月にして早くもあかぎれ。
毎年あかぎれするんだけど、姫を妊娠中の冬だけは手がかさかさにならず、あかぎれもしなかった。妊娠中は体質が変わるみたい。
えー
妊娠中だからって炊事をさぼってたからじゃー?
いやいやいやいや
んなこたぁありませんよ(-_-)
姫はお腹の中で母に守られていただけでなく、母のことも守ってくれていたんだと思うと、じーんとなる。泣くわわめくわ大事な毎日。
いらんこと三昧の坊がおりこうに見えるぐらい、姫の大暴走にはてんてこまい。あんまり覚えてないけど、坊も姫くらいのときはてんてこまいだったんだと思う。
だんだん大きくなります。しゃべれるようになって自分の意思が言えるようになれば泣きわめくことも少なくなります。
母の手をあかぎれから守ってくれた姫のことを忘れず日々がんばらねばです。

バス遠足〜

今日は待ちに待ったバス遠足。宇佐市のアフリカンサファリへ行ってきました!(坊は相変わらずアフリカのサファリと言ってます…)
朝6時からお弁当作り。(ん?6時って普通?いやいや母にとってはいつもの起床時間より一時間も早いんです)
いいお天気の中、ポニーに乗ったり、ライオンの赤ちゃんを見たり、リスザルにえさをあげたり、モルモットを抱っこしたり、ジャングルバスに乗っていろんな動物にえさをあげたり、本当に盛り沢山の1日でした。
母がなにより嬉しかったのは…
ジャングルバスの中でハサミにえさを挟んで網の隙間から動物たちにえさをあげるのですが、最初、鹿や熊にえさをあげるときは口が近くにくるとぼとっとえさを落としていた坊が、ライオンのときはちゃんと口の中に入るまでえさを離さなかったこと。
母はジャングルバスに乗ってすぐに寝てしまった姫を抱っこしながらビデオを撮っていたので、えさやりの手伝いはさっぱりできず、坊は初めて持つ大きなハサミでお肉やくだもの、小さなえさを一生懸命挟んで食べさせていました。
お兄ちゃんになったね〜
帰りのバスの中では、坊も姫も行きよりも元気で一睡もせずに帰ってきました。姫が大泣きしたりしてぐったりなっていた母でしたが、今日の坊に、“ガンバレよ!”と言われたような気がして、励まされました。右往左往したり、試行錯誤したり、一喜一憂したり、大忙しの毎日です。
でも坊や姫がいなければできないかけがえのない毎日です。

おまるを出してから昨日だったか、試しに姫を座らせてみると…
なんと、おしっこが出たー(>_<) 今日は自分から座って… おしっこが出たー(>_<) やったねやったね(^_^)v 明日はバス遠足です♪

振り返る〜

最近姫が夜中に大泣きしたり、でかけた先でどうしようもなく泣いたり、母もぐったりなってどうしようもなかった。
でも、泣いた理由はだいたい想像できた。
夜中に泣いて起きて冷蔵庫をあけたがったので、ダメというと泣いた。
でかけた先で、姫は今すぐその場で何か食べたかったのに、場所を移動しないと食べられなかったので泣いた。
はは。
いつだって食欲が満たされなくて泣いてたんだね…
なので、食べたいときは歯磨きしてたって食べさせることにした。
歯磨きはまたすればいいんだし。
オムツをはきたくないと泣くので、坊のお下がりのおまるを出してきた。
はかないから無理矢理はかせて更に泣かせていたけど、これを機にトイレトレーニングをはじめてもいいかもね〜
と思うと、泣いていたのは姫だけど、泣かせていたのは母だったことに気がついた。
そしたらここ数日は大泣きすることがなくなった。
今日はひっさしぶりに森川みどりの日記を読み返してみた。
なんかね、たま〜に読み返すんです。
そしたら、10年前の自分だから当たり前だけど、年も住んでるとこも違うし、独身だし仕事してるし、今と同じところはないんだけど、この人も精一杯奮闘してたんだ〜って思って、私もがんばらねばって思うんです。
自分の日記読み返して、自分に励まされてるっておかしな話だけどね。
人生ってそのときそのときやらねばならないことがあるんだと思います。
10年前の私は中津江で一生懸命働くことがそれで、今の私は坊と姫を一生懸命育てていくことがそれなんだと思います。
こんなところ来るんじゃなかったと後悔して泣いた中津江初出勤の日も、凍るような冷たい水で泣きそうになりながらお茶碗を洗っていた中津江の冬も丸ごと全部今の私の大切な思い出です。辛かったり苦しかったり悩んだりもがいたり、そういうことがきっとまた10年後の私を励ましてくれる、とそう思います。

今日は〜

中津江の宮園神社で秋の演芸大会が行われます。
村では春と秋に集落ごとにお祭りが行われます。
朝晩冷えるようになり、すっかり秋です。
お弁当を持っておでかけするのにびったりの季節です。
姫はすっかりリズムが壊れて夜中の2時にテレビを見ています(@_@)
泣きわめくよりはずいぶんマシだけど、母は眠たすぎてフラフラ。
そういえば坊もそんなときがありました。夜中にいきなり目を覚まして遊んだり何か食べたり。へ〜んなことになってました。
でももう今は朝までぐっすり寝ます。姫が多少泣きわめいても起きません。
大きくなるにつれて、ちゃんと寝るようになります。だから、母もしばらくの辛抱です。
泣きわめく姫を長いこと抱っこしたり、夜中に寝ないで起きてる姫に付き合ったり、ぐったりです。嫌になります。
だけど、具合が悪くてきつがっている姫を見ているよりは元気な姫がいい。
リズムが狂ってたって泣きわめいてたって元気な姫のほうがずっとずっといい。今日から一週間始まります。金曜はバス遠足です。

運動会〜

日曜日、暑くもなく寒くもなくちょうどいいお天気の中、坊にとって初めての運動会が行われました。
二学期に入り毎日体操服で登園し練習の日々、週末に熱を出したり、鼻詰まりで眠れなかったり、幼稚園に行きたくないと泣いたり。運動会が日曜日だったため、いつものように金曜になると鼻水が出る坊に、「金曜日だからってほっとしたら熱が出るからね!熱が出たら運動会出られんよ!」と母が言うと…
「ほっとするってどういうこと?」と坊。
「気を抜いたらだめってことよ!」と母が答えると…「きってなに?」と坊。
ちーん。
我が子ながら苦笑い…
そんなこんなで親も子も気合いで乗りきった一ヶ月でありました。
年長さんの演技はやはり涙が出ました。年長さん担当の先生が涙をぬぐいながら手拍子しているのを見てまた涙が出ました。
子育ては決して楽ちんなことではありません。
今日はきついからお休み、というわけにもいきません。年中無休です。
妊娠中、上の子の面倒を見ながら悪阻と戦い、出産ではなんといいようもない痛みやら苦しさと戦い、産まれたら夜中の授乳やらで睡魔と戦い、少し大きくなると病気をしたり怪我をしたり。
それでもみんな子育てしています。
仕事をしながら子育てしているお母さんもたくさんいます。
母も含めたくさんのお母さんたちの数えきれない苦労が全部報われるようなそんな運動会でした。
もちろん、毎日朝から夜遅くまで仕事に出ている父にとっても。
今まで粉薬を飲むと吐いていた坊が、運動会の後から吐かずに飲めるようになりました。
そういえば、母から大きな声で怒られることがなくなったような気がします。相変わらずいらんことはしてますが。
姫はやっぱりたまに夜中に大きな声で泣いて寝ないことがあります。
でも寝なかった分、昼寝をたくさんします。
いいことばかりではないけれど、悪いことばかりでもないです。
だからみんな子育てを続けていけるのだと思います。だから大変だってわかっていても、2人目、3人目と産み育てていけるのだと思います。
来週はバス遠足です。月末はおいもほりです。
行事満載の二学期です〜

金曜日〜

きつかった運動会の練習も今日でおしまいです。
明後日はいよいよ本番!
みんな(みんな?)でお弁当作りがんばらねばです。

運動会のリハーサル〜

今日は運動会のリハーサルを見に行ってきました。
おじいちゃんおばあちゃん、お母さんお父さんも結構応援に来られていて、本番さながらの雰囲気で、開会式からスタート。
かけっこでは、最後になって悔しくて泣いている子、ポッケに入れていたハンカチを落として拾いに行って遅くなっても精一杯ゴールを目指す子。
坊は〜なんとも一生懸命さに欠ける走り方で、毎回3人中3位。ほほほ。
年長さんになると、走っているときの砂の飛び方が違う!さすがです!
年長さんと言えば、演技を見ていると、ぼわ〜と鳥肌が立つんです。先生も子どもたちも一生懸命で涙がでます。
こんなに誠実な子どもたちに対して、私たちも誠実でなければならないとそんな気持ちになりました。
いよいよ日曜が本番です。そうそう、撮影したビデオを坊に見せていたら、「あ、いまYちゃんが僕に手ふったねぇ」と坊がいうので、「そう?」と聞き返すと、「あ、Yちゃんのママにふりようだけやった(^-^;」
とか
「僕から僕が見えると?」とか
ビデオの中のことと現実とが交錯している坊でありました(^-^)
姫はリハーサルでの砂ぼこりやらでいつもより咳が出てますが、吸入に通いながら坊の応援をがんばってます。