森川緑ニュース・リターンズ Rotating Header Image

5月 1st, 2012:

兄弟〜

私は3人姉妹の甘えたれの末っ子。
なので、子どもは3人兄弟がいいとずっと思ってきた。
坊を妊娠中は悪阻は辛かったけど、今思えばそんなに辛い時間じゃなかったように思う。そのときは父も仕事が忙しく土日もなく出勤していたので、私ばっかりきつくて辛いなんて思ってたけど。
姫を妊娠中は妊娠が分かってから、具合が悪くて悪くて部屋でじーっとして過ごすしかなかった。坊は3才。外で遊びたいときも母に付き合って昼寝してくれた。アパートのお友だちが、坊の面倒みるよ!と声をかけてくれたのが本当にありがたかった。夕飯のおかずをもってきてくれたりもした。
坊がまだ幼稚園に行ってなかったので里帰り出産もできた。
3人目〜と思ったとき、たぶんその頃坊は小学生かな〜姫は幼稚園に行ってるかな〜と思うと里帰りは無理。朝起きて朝ご飯の準備して送り出す。夕方にはお風呂に入れて夕飯を食べさせて寝せる。小学校や幼稚園の行事にも行かないと。
想像しただけで、ふぅってなるよね〜
こんなとき、年子で3人産んでたら里帰りできたのかな〜とか思うけど、これまた想像もできないくらいの大変さがありますよね。
こればっかりは縁だからね。
私や家族の都合でどうこうなることでもないし。
みんな、なんとかかんとかしながら3人兄弟や4人兄弟を産み育てているのです。すごいですね〜
お風呂の中で坊と姫が大笑いして遊んでいたり、2人で美味しそうにお菓子を食べたりしているのを見ると、大変だけど2人がんばってよかったと思う。
もし縁があって3人目が産まれたら、またそんな風に思うんだろうなぁ。
坊を出産した産婦人科で、あるお母さんが「女って強いよね〜こんなに大変な思いして出産したのに、半年とか1年したらまた産みたいって思うんだもんね〜」って話していたのを思い出した。
本当ね〜妊娠中は悪阻で具合悪かったり、体重を増やさないように気をつけたり、胎動が激しすぎて眠れなかったり、大変な10ヶ月を過ごして苦しい思いして産んだと思ったら、寝不足〜赤ちゃんが泣き止まない〜風邪引いて病院〜予防接種で病院〜
大変なことばっかり。
だけどね〜首がすわってきょろきょろしだして、寝返りしてずりばいしてハイハイしてつかまりだちして歩けるようになって〜そのひとつひとつが今までの大変さを吹き飛ばすんです。
何を言ってもわかってなかっただろうことも、だんだん伝わるようになるんです。
だから、眠くても座ってご飯が食べられなくてもがんばらねばなんです。
坊は9月で5才になります。毎日、楽しく幼稚園に通っています。
コップをひっくり返してこぼれたお茶を見て「あー」と言ってる姫も4、5歩、歩けるようになりました。
母もがんばらねばです。
では、みなさん明後日から楽しい連休を〜(^-^)/