森川緑ニュース・リターンズ Rotating Header Image

イベント情報

めっきり寒くなってまいりました。

約2年ぶりの投稿・・・

今年でチェンソーアートクラブ中津江村が発足10周年を迎えます。永瀬会長は毎月練習会を開催してくれており、こつこつと実績を積み上げて行ってくれています。

現在、来年3月2日(土)、3日(日)に大会を開催しようと企画中です。

当然、みどりはスタッフでしょうが・・・このリターンズでも告知できればと思いますので、よろしくです。

こんな時だけアップしてごめんね。みどりちゃん。これからもよろしく。

 

2日は金山祭り

が鯛生金山でとりおこなわれます。内容は・・・秘密(決して知らないわけではない)。実際に来て確かめましょう。

美穂蘭の歌謡ヒットパレード【中津江ホール】

中津江ホールイベントの今年度の第5弾は、「美穂蘭の歌謡ヒットパレード」。

60~70年代の洋・邦楽ヒットポップスを材料に、研究実験を重ねてきた二人がお送りする究極のアコースティックサウンド。

出演

  • 美穂蘭(ボーカル&ギター)HP1, HP2

    宮崎県出身 シンガーソングライター 現在関西で活動。
    脚本・演出・主演を兼ねた音楽ショー「ナイトクラブへようこそ」は、今年で7年目。ユニークな歌詞が売りのオリジナルのほか、60~70年代の歌謡曲を得意とする。
  • 田島 隆(ギター&パーカッション)HP

    大阪府出身 マルチアーティスト タンバリン博士の異名をもつ
日時:10月30日 土曜日 開演 午後7時00分
開場:中津江ホール
料金:大人1000円 中高生 500円(当日500円アップ)
お問い合わせ:日田市中津江公民館(Tel 0973-54-3722, Email nakatue.k@gmail.com)
主催:うたう村実行委員会/中津江公民館

映画「Nagashi その名はマレンコフ」

前夜祭では、なぜか映画が上映されます。

映画「Nagashi その名はマレンコフ」 http://ameblo.jp/marenkohu/

あちこちのサイト拾い読みすると面白そうな映画ですな。楽しみ。

PS
業務連絡:20日の準備するスタッフが足りません。というか、無謀に近いぐらいいない。暇な人。来て!

NMCのビデオ映像

NMCのビデオ映像がアップされています。結構面白いのでご紹介。

フォト蔵「ユウジさんのページ」

グランドの草刈り 中津江MF 30+1

朝から草刈り。ステージ周りと水場を。

人数も少ないけど、効率がわるいのは植生が変わってきたから。とにかくやたら切りにくい草が年々増えている。
効率は3分の1程度。疲れる割にすすまないのでいやになる。

茎が柔らかくながいので草刈機の刃に掛かりにくい上、なにより水分を多く含んでいるのでどっしりと重く、上手く刈草を寄せていけない。とにかく竿が重く感じるのだ。

以前はまったくなかった草なのだが、いったいどこからやってきたものやら。1年ずつ体力は衰え、1年ずつその草が増えていく。ああああ。

NMC 経過報告

書き込みする余裕なく、手抜き報告。小判ザメ作戦

27日 トライウッドさんで伐採体験

本当に音楽合宿みたいだな。

初日である昨日はドタバタしていて書き込めませんでした。まあいつものごとくですが。

NMC二日目で落ち着きがでてきました。ほんとに参加者のみなさんよく練習する。

午前中は独習。ホールのあちこち、エントランスではピアノのYサン。その横の奥まったところでベースの川本さんがクラシックの教本を広げています。つぎの通路にはフルートの上野さんが陣取り、ホールの中でもピアノが響いている。ホールの外ではギターやパーカッション、そして発声練習の音が響いてました。独習の時間がすぎると自然とセッションがはじまります。昼からも様々なメンバーの組み合わせてセッションが行われていました。本番(?)の夜。ホール内がジャズ組、エントランスがクラシック組。途中でグループが入れ替わりながら、講師によるディスカッションもあったり、ジャズ組とクラシック組が入り交じったり。

えーと。まったく表現できません。凄いとしかいえない時間が流れています。いったいその先にあるパトリア日田でのコンサートはどんなものになるのかと期待は膨らみ。

まだまだ間に合います。参加希望のかたは日田市中津江公民館までご連絡ください。

西から東へ

明日からは日田祇園。二日前にうきはに行きましたらやはり祇園やってました。男たちは仕事場では心ここにあらずというような毎日みたいですね。暑いので大変であろうかと。

さて本題、中津江ではmineの投稿のとおり、明日、西で「子ども村」が、東で「中津江ミュージックキャンプ(NMC)」が始まります。NMCはここ数ヶ月すこしずつ準備してきて、プロデューサーの中村さんは乗り込んでいますので、もう始まっているような気がします。でも本番は明日から。東京、大阪、島根、福岡から続々とミュージシャンやアーティストが集まってきます。地元日田からもワークショップに関心をもって参加してくれる方がいるのも嬉しいこと。気合を入れて行きましょう。

決め事のすくないのは「中津江らしさ」でしょう。どんなイベントを作ってもそんなところに落ち着いていく。それはきっといいことです。何をやるのか伝えにくいというデメリットはありますけど、参加者や見学者がそのゆるさの中でどんな化学反応を起こしてくれるのかが大切だと考えます。ただ「内輪受け」にはならないようにしないとね。オープンに。

mine、昨実は西の準備、今日は東の準備をよろしく〜。力仕事めいっぱい用意してますので。

草刈りだあああ

10日午前10時より、ミュージックフェスティバルの資金稼ぎの草刈りです。中津江ホール集合。真面目に働こう。